タロのブログ

日々雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらく...

意識を向けるといろいろな想いがわいてきます。しかし、現実の仕事が忙しくなってきたのでしばらく更新を控えたいと思います。また落ち着いたら書き込みますのでよろしくお願いします。
スポンサーサイト

地球にありがとう(子供たちへ)2/2

たぶん学校に行ったら進化論っていうものを習うと思う。人間は大昔はサルでそれをもっとたどればネズミで、植物は原始的なシダという植物を祖先にして今の様々な植物に進化したんだって。でもリンゴやスイカやバナナやキャベツやイモなどいかにも人間に食べて下さいといわんばかりの形に、しかもおいしく進化したっていうのはちょいと都合よすぎやしないかい?不思議だよね。誰かが食べやすくしてくれたとしか思えないよね。それが誰かはわからないし確かな証拠もないけど、そんなすばらしいことをしてくれた存在がいたって考えることは決して悪いことじゃない。それはみんなが神様とか呼んでいるものかもしれないけど、そんな食べ物を作ってくれた存在にありがとうって毎日ごはんを食べるときに思うことはとてもいいことだと思う。きらいなものもがんばって食べなきゃだね。そうやって食べるときにありがとうって思うだけで世界中のみんなに気持ちが伝わっていい世界になっていくと思うよ。もう教会もお寺もいらなくなって助けてくれーってお祈りやお経を唱える必要もなくなるんだ。ね、考えただけで楽しくなるよね。

地球にありがとう(子供たちへ)1/2

ふだんありがとうって言うとき、ほとんどは人にたいして言ってるよね。誰かが自分に何かをしてくれたことにありがとうって。ごはんが食べれることだってお百姓さんがお米を作ってくれたことにありがとうって言ってる。でも本当はそのお米や作物があるのは豊かな地球の大地と太陽と雨などの自然が育んでくれたお陰なんだ。どんなものでも人の手を通して自分たちに渡ってくるから目の前にいる人にありがとうって言ってるけど、その先にある自分たちの住む奇蹟の惑星地球にありがとうって言いうことが大切なんじゃないかな。文明や経済が発達してコンクリートに囲まれてお金が大抵のことを解決してくれる世界に住んでいるとその基本的なことを忘れてしまう。みんなが毎日地球にありがとうって言って過ごすようになればいい世界になるんじゃないかな。

船の夢

昨日はめったに覚えてないといいながら今朝の夢も覚えていた。
なぜか大きな船に乗っている。操縦しているのは自分の父親だった。しばらくすると流氷がたくさんあるようなところに迷い込んでしまい、そっちはだめとか言ってる夢だった。

9/8の13時頃。電車にて。愛知から西。昨夕とうってかわって幻想的な雲だった。
下の方にある灰色の雲はUFOのような形だった。
200509081322001.jpg

200509081333000.jpg

ガラスの夢(9/7)

めったに夢は覚えてないのだが今朝はガラスに関する夢をみた。かばんにガラスを一枚入れて客先に持っていかないといけないのだがかばんに入る大きさでもなくカバーもなく危ないと思っている。なぜか飛行機の尾翼に翼と同じくらいの大きさの三枚のガラスをそれぞれの翼の中にはめ込むことになり割らないように気をつけている。しかし、飛行機は飛んで確か割れてしまったと思う(当然だ)。飛行機は大きいはずだが模型の飛行機を扱うようにガラスをはめ込もうとしていた(自分は巨人か?)のが不思議だった。

9/7の雲。
朝、移動中の電車で。わかりにくいが下の灰色の部分は断層雲。奈良か三重から東方向。
200509070936000.jpg

200509070938001.jpg

200509070938002.jpg

昼、愛知県にて。東方向。
200509071133001.jpg

200509071133002.jpg

200509071134000.jpg

夕方。同じく愛知。西方向。中央にかすかに三日月。
200509071825000.jpg

200509071825001.jpg

南西
200509071825002.jpg

西
200509071843001.jpg

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。